So-net無料ブログ作成

「異世界居酒屋のぶ」 [本の事]


異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)


少し前に、コミックの方が新聞の書評欄に載っていました。

興味をもったものの、その時はすぐに購入しませんでした(というか、忘れてたf(^_^;) エヘヘ )。

先日、 近くの本屋さんで原作の小説が文庫になっているのを見つけて。

とりあえず、書評に載っていたコミックを買ってみたんです。

何故かお店の入口が、中世ヨーロッパ風の異世界につながってしまった居酒屋のお話。 

…面白い。

でも、何か話が見えにくい?

と思ったら、番外編(?)でした。

こ~れ~は~、原作を買わねば。

というわけで、1冊目の文庫版を買いました[exclamation]

やっぱり、面白い ♪o(^^o) (o^^o) (o^^)o♪

居酒屋のぶ店内での、お客と店員とのやりとりがメインなのですが。

出てくる料理がとっても美味しそうなんですよ。

つい、残りの既刊3冊と、コミカライズされた2冊を 買ってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

そのコミックの帯に、「何という飯テロ!」と書いてありました。 

たしかに、異世界の人達が初めて居酒屋料理を食べて感動しているのを読むだけでも、

つられて食べたくなります。

夜に読むと、本当に飯テロですってば。

おでん~、鶏の唐揚げ~、ナポリタン~、豚汁~等々。

季節柄、食べたくなるのが増えてきます f(^_^; 。

ライトノベルという括りですけど、こういうのも楽しいな、と思いました。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0