So-net無料ブログ作成
ちょっと考える事 ブログトップ
前の10件 | -

連絡 [ちょっと考える事]

先週のことになりますか。

母方の一番上の叔父から、連絡がありました。

 

続きを読む


見えるもの聞こえるもの [ちょっと考える事]

ここしばらく、地域FMが出力アップの許可を得て災害FMとして放送されています。

今まで、社宅の鉄筋の建物のせいか、N○Kしか受信できなかったんです。

それを携帯ラジオにした途端、よく聞こえるようになってf^_^;。

最新情報を得るのには、丁度いいのですけどね。

そのラジオから、昨日地域の中学校の合唱と吹奏楽が流れてきました。

昨年開催された、市内の小中学校の発表会の時のものですけど。

地震からこっち災害放送をしていて、そういった番組は放送されていなかったんです。

災害情報の合間に、N○Kのニュースを流していました。

それが通常放送になったからということで、発表会の曲を流されました。

合唱曲は知らないもので、吹奏楽はアニメの主題歌とジャズでした。

でも、音楽を聴いた途端、なんだか体の緊張がほどけていく感覚がありました。

 

あ、なんだかんだ言っても緊張してたんだな、

音楽ってやっぱりすごい、と改めて感じました。

少しだけでも時間が経ったら、音楽を聴くのは効果があるんですね。

 

それから。

ベランダで、花が咲き始めました。

110314_1500~01.jpg

菜の花みたいに見えますけど、白菜の花です(笑)。

種を蒔くのが遅かったので、なかなか大きくならなくて。

いつ結球するのかなぁ…と思っていたら、花芽の気配が。

それからあっという間に、花が咲いてしまいましたf^_^;。

 

社宅の庭には、鶯もやってき始めました。

改めて、自然って怖いけれども通常の営みもしっかりやってるんだな、と思いました。

小さな春を、見つけられるといいですね。


とりあえず [ちょっと考える事]

地震からちょっと日にちが経ちましたが、無事です。

北関東とはいえ沿岸部の部類に入る地域なので、海岸方面へ仕事に行っている相方が心配でしたが、彼も無事でした。

阪神淡路大震災の時と揺れが全然違っていて、何とも言えませんでした。

震災を経験しているので冷静な自分と、違う揺れ方に驚いている自分とがいました。

自分にできることを、少しずつでもやっていきたいと思います。

  

被災に合われた皆様、頑張れとは言いません。

震災の時、オリックス・ブルーウェーブの皆さんがユニフォームにつけてた

「がんばろうKOBE」

に勇気を、元気をもらいましたから。

 

「がんばりましょう」


14 [ちょっと考える事]

1995年1月17日から、14年目になりました。

この日を関西で迎えなくなって、二年になります
去年も思いましたが、こちらではやはり震災関連の情報量は少ないですね。

朝のニュースでの映像を観て、当日のことをやはり思い出します。
普段は意識の表に出ていなくても、記憶の奥にはしっかりとインプットされていて。
忘れたくても、忘れられるものではないんですよね。

地震に備える事を少しでもしっかりとやっていくように、と今日改めて思うのでした。

2通 [ちょっと考える事]

先週、2通続けて知人の訃報の連絡が入りました。

続きを読む


1月17日 [ちょっと考える事]

13回目の今日がやってきました。

続きを読む


トラックバック(0) 

地面が揺れる [ちょっと考える事]

3月25日に、能登半島で震度6強の地震がありました。

被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

 

テレビでその映像を観ていて、12年前の1月17日の記憶がすぐに甦ってきました。

あの時はこうだった、その時はどうだった、等々…。

普段意識の上に出てこないのに、こういうときすっと表に出てくる…そうそう消えそうにありませんね。

 

被災地の方に「がんばって」って、一番言いにくいことばですが。

いろんなことに、負けないでください。

人間、もろいけど強いんですもの。

 


連絡がありました(Gさんの事) [ちょっと考える事]

昨日、チャット仲間のGさんが亡くなったと、連絡がありました。

先日退院したとのログに、「よかったね〜、おめでとう♪」と言ったところだったのですが。
彼とはキャラメルボックス20周年記念チャット「居酒屋あーしろこーじろ」で知り合って、
別のチャットに移ってからもお話させてもらってました。
他のチャット仲間と一緒にお互いにボケたりつっこんだり…と、他愛のない話ばっかり
だったように思います。
その、他愛のない話が楽しかった、と言ってくれたそうです。

彼がお友達に「自分に何かあったら、ここへ連絡して」と、チャット仲間の一人の連絡先を
伝えていたとのこと。
そのお友達が、仲間へ連絡を下さったのです。

彼の我々に対する心遣いと、彼のお友達の心遣いに感謝します。
心よりご冥福をお祈りいたします。

Gさん、またいつか会おうね。


「生かされている」ということ [ちょっと考える事]

少し前にチャット仲間のblogに書いてあったことですが、長くなりそうなので自分のとこに
書きます(随分と遅い?f^_^;)。

「生かされている」ということ

「生かされている」なあ、と思うことはわりとあります。この人のために生きているんだ、
という思いがしっかりと意識にのぼっているわけではないのですが。
何回か死が目の前を通り過ぎる度、「あ、私のやるべき仕事はまだあるんだな」と思います。
(学生時代、いつもなら特急に乗って帰るのに、その日(それも卒業式の日)に限って友人に
 「普通で帰ろう」と言われて一緒に帰ったら、乗る予定にしていた電車が立ち往生していた
 軽トラックとぶつかって、積み荷のブロックが電車に乗るといつも私が立っているドアの側の
 窓を直撃していたとか。
 信号が変わったらすぐに横断歩道を渡っていたのに、たまたまひと呼吸おくことがあった為、
 信号無視した車が目の前を通り過ぎたことが何回となくあった、等々…f^_^;。)

人が好きな筈なのに人と距離を置いていたい、なーんて両極端な思考が私の中で同居して
いるので、振り子が端から端へ大きく動く度疲れるんでしょうね(-.-;)。
その人がいるから自分がいる‥。天邪鬼だから、あえて表層意識からはずしているのかな。
何だか、ちょっと損した気分になってます(今更)。

吹原和彦みたいな思いの生き方は多分できないでしょうが、その時の為に動けるように
準備をしていたい、と思います。
(久々に長文…それも乱文調(謝))


nice!(1)  コメント(5) 

「お電話ありがとうございます」 [ちょっと考える事]

どうにもこうにも、私の神経を逆なでするのが上手い(?)奴がいます。

先日もその彼の一言に、不機嫌モード全開になった私。モノにあたるところまでは
いきませんでしたが、全身から不機嫌オーラを漂わせていました。
と、「無○良○でおもしろいものあったんですよ〜」と私の不機嫌を知ってか知らずか、
同僚のYさん(いつも素敵なおやじギャグを言ってなごませてくれる人♪)が声をかけてきました。
彼女のお陰で、少し気分が落ち着きかけた時、電話が…。

「おたくさんは、古書扱っておられます?」
「いえ、扱っておりませんが…」
と始まって、延々約13分。
「娘に本を処分しておいてね、と言われてるので見てもらいたくて」とか、
「87になるのだけど。白内障の手術をしたので今はよく見えるの」とか、
「今は小さい本が出ているんですってね(どうやら文庫の事)。あなたのところは
置いておられるの?」とか、
「どこに古書店があるのか、教えてくださらない?」とか、
「あなたのところへもよく買いに行かせてもらってるのよ」とか…
それぞれにわかる限りお答えする間も、世間話がはいってきたり。
結局、この方の言わんとされる事には役に立てないので「申し訳ございませんでした」と、
受話器を置いたのでした。

お話をしてしていて不思議とイライラすることはなく(仕事の手が止まったので、少し焦りは
しましたが)、話し終わった後は逆なでされていた神経が、不思議と落ち着いていたのです。

何故なんだろう?と考えてみたのですが、その方の話し方に厭味がなく、電話からも
ゆったりとした雰囲気が伝わってきていたからでしょうか。
Yさんといい、このお客様といい、他人を和ませる「何か」を持っているのでしょうね。

他人をイライラさせる話し方などをする人はよく見かけますが、和ませる人は少ないように
感じるのは私だけでしょうか。
ほらほら、そこのあなた、身に覚えないですか(笑)?気をつけましょうね(って、一体私は
誰に言ってる…自分も気をつけようっと(笑))。

できるならば、自分も他人を和ませることのできる人でありたい、と思った一日でした。
(う~ん、久々に長文)


前の10件 | - ちょっと考える事 ブログトップ